Column

コラム

風俗業界の今後は?現在の市場規模でわかるデリヘル経営の成功の秘訣

大企業の収益が伸びていることや政府の発表とは裏腹に、会社員の方の中には現在の仕事、会社に不景気や閉塞感を感じる方も多いでしょう。中には、思い切って風俗業界に転職を考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、風俗業界はただ単純に「稼げる」というイメージを持っているだけで、今後風俗業界がどう成長していくかを知らない方は多いはずです。

そこで今回は、風俗業界の市場規模データや、デリヘル経営を成功させるための秘訣を詳しくご紹介します。これから風俗店を経営しようと考えている方は必見です。

1.風俗業界は今後も心配いらず?その理由とは

「学歴や経歴に左右されず、誰もが稼げる」というイメージのある風俗業界。しかし、風俗業界はこれからも成長が期待できる業界なのでしょうか。

結論から言えば、風俗業界の将来性は有望です。
風俗業は、人間の三大欲求のひとつである「性欲」を対象にしたサービス業であるため、需要がなくなるということはまず考えられません。

日本は現在、少子高齢化社会で50年、100年単位の長期スパンでみれば徐々に人口が減っていくとされています。
そのため、その頃には現在の風俗業界の市場規模を維持することは難しくなるでしょう。
しかし、少なくとも5年や10年単位で急激に人口が減ることは考えられず、風俗に対する需要もこれまでと変わらないものであると考えられます。

1-1.【風俗業界】2014年度の市場規模データ

株式会社矢野経済研究所が行った「アダルト市場に関する市場調査」によると、2014年度の国内のアダルト向け市場の全体の市場規模は46兆9,763億円でした。
そのうちラブホテル、ソープランド、ファッションヘルス、デリヘルといった風俗施設・サービス市場の市場規模は3兆5,775億円であるということが公表されています。

ちなみに、結婚式やジュエリー、さらに新婚旅行なども含めたブライダル市場で約2.5兆円と言われています。風俗業界の市場規模が、どれほど巨大なものかお分かりいただけたのではないでしょうか。

さらに、2010年度からは右肩上がりに市場規模が拡大していることから、風俗業界の将来性が安定しているということは証明されています。

1-2.不況に強い風俗業界!「デリヘル」は特におすすめ

風俗業界は、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)の度重なる改正により、年々規制が厳しくなっており、現時点でも、店舗型風俗店の新規参入が事実上不可能となっています。

一方で、1998年にそれまで違法とされていたデリバリーヘルス、いわゆるデリヘルが適法となりました。デリヘルが適法となって以来、風俗業界は主にデリヘルが過半数を占めています。

前述のとおり、風俗施設・サービス市場の市場規模は3兆円を超える大きな市場で、新規参入者でも十分勝算がある業界です。

これから風俗業界に新規参入するのであれば、開業までのハードルの低いデリヘルが特におすすめです。

2.デリヘル店の経営を始める際に気を付けておきたいこと

デリヘル店を始めるのであれば、必ず知っておかなければならない法律があります。
法律に違反すると営業停止、営業取り消しなどの重い行政処分が下される可能性があります。デリヘル経営を始める前は、必ず確認しましょう。

まずは、遵守しなければならない法律をご紹介します。

  • ・営業許可証の取得
  • ・営業許可証の事務所への掲示
  • ・18歳未満の利用の禁止
  • ・18歳未満の雇用の禁止
  • ・従業員の身分証および従業員名簿の管理保管
  • ・売春行為の予防措置の徹底
  • ・広告物および宣伝物の規制の厳守

また、経営者が法律を守っていても、店舗スタッフが強引な客引きや売春行為をしてしまうと、営業停止や営業取り消しになる恐れがあります。
デリヘルを経営する際は、法律や条例を守ることをスタッフ研修などを通し、周知徹底を図る必要があります。

2-1.デリヘル店の新規参入数は増加傾向にある

デリヘル店を始めるにあたり、法律やルール以外にも注意しなければならないポイントがあります。それは、競合が多いということです。

デリヘルの新規参入のハードルが低いということは、その分多くのライバルを相手にする必要があるということです。複数の人気店が顧客を奪い合う激戦区となっているエリアも決して珍しくありません。
特に、東京や大阪などの大都市では既存の大手グループがしのぎを削っており、チェーン店ではなく、その上未経験の風俗店店長が経営するお店が割って入ることは簡単ではありません。

確かにデリヘル市場は不況に強く市場規模も大きいですが、ただ漫然と経営をしていては失敗してしまうリスクが格段と上がるでしょう。

3.デリヘル経営を成功させるための3つの「秘訣」

デリヘル店の経営も、れっきとした「事業」です。どのような事業においても、漠然と経営を行うだけでは成功せず、もちろん利益も得られません。では、成功するためには何が必要なのでしょうか。

もちろん、人によって成功への道のりや、アプローチ方法も異なるでしょう。しかし、以下3つのポイントのうち、一つでも欠けていれば成功の可能性は非常に低くなってしまいます。

  • ①他にはない新しいコンセプトを打ち出す
  • ②女性キャスト・男性キャストの質を向上させる
  • ③専門的な知識を要する作業はきちんとプロに依頼する

ここからは、それぞれのポイントについて詳しく説明します。

3-1.①他にはない新しいコンセプトを打ち出す

競合店の多いデリヘル業界で新規参入する際、初めから多くのお客様がお店に訪れることはあまりなく、競合と同じようなサービス内容では注目されることもない可能性があります。
競合店に負けず、多くのお客様の注目を集めるためにも、差別化を図ることが大切です。その方法として特に有効となるのが、「他にはないコンセプトの決定」です。

競合が打ち出していないコンセプトを決めるためには、まず徹底的に競合店を調査することが大切です。既に競合にあるコンセプトはなるべく避け、珍しいくらいのコンセプトでも良いでしょう。

今後の風俗業界はジャンルが多様化していくと考えられています。リスクを恐れて消極的に経営していても、大きな成功は難しいでしょう。多少、冒険的過ぎるようなコンセプトでも、他にはないものを思いついたのであれば、積極的に打ち出すことをおすすめします。

3-2.②女性キャスト・男性スタッフの質を向上させる

いくら男性の目を惹くコンセプトを打ち出していても、女性キャストの質やスキルが低ければ、せっかく利用してくれたお客様もリピーターにはなってくれないでしょう。

前向きに働いてくれる魅力的な女性キャストを採用することはもちろん、プレイのテクニックや接客態度などの教育も必要不可欠です。

また、女性キャストばかりに目を向けることもよくありません。お客様がデリヘルを利用する際の電話は、女性キャストではなく男性スタッフがとることとなります。このとき、接客態度の悪い男性スタッフであれば、お店の印象そのものが悪くなってしまいます。

そのため、男性スタッフの質は女性キャストと同様に重要だと言えるでしょう。事実、繁盛店や高級店ほど男性スタッフの質が良いことは風俗業界では有名な話です。

3-3.③専門的な知識を要する作業はきちんとプロに依頼する

無店舗型風俗であるデリヘルは、街中にお店の看板があるわけではありません。そのため、デリヘル店の集客には、「ホームページ」や「ポータルサイトへの掲載」は必要不可欠です。

しかし、Webデザインや写真撮影における知識のない素人が、質の高いホームページを制作したり、予算を考えて集客に効果的なポータルサイトへ掲載することは困難です。

そのため、専門的な知識が必要な作業はプロに依頼することが望ましいでしょう。Web集客が重要となるデリヘル店において、これらの費用を抑えることはかえって逆効果となってしまう可能性もあります。

また、ホームページ制作会社にはさまざまな会社が存在しますが、一般的なホームページと風俗店のホームページはデザインも考え方も異なります。風俗を利用したいと考える男性をターゲットにしたホームページを制作するのであれば、風俗店のホームページに精通したホームページ制作会社がおすすめです。

さらに、風俗広告代理店では撮影業務など、風俗店の集客に関する業務を数多く行っています。デリヘル店のWeb集客に悩んだ際、まずは相談してみることも一つの手でしょう。

まとめ

3兆円超えという巨大な市場規模の風俗は、将来性も有望な業界と言えるでしょう。とは言え、デリヘルは新規参入のハードルが低いことから、増え続けていることが現状です。

市場規模が巨大で、かつ新規参入のハードルが低いという大きなメリットのあるデリヘルですが、きちんと成功させて利益を得るためには、堅実に経営を行う必要があります。

特に、ホームページやポータルサイトへの掲載は「集客」の初めの一歩と言えるでしょう。ここまでご紹介した3つのポイントを参考に、ぜひデリヘル店の成功を目指してください。

arrow