Column

コラム

【風俗広告】デリヘル店に有効な広告媒体とは?種類から注意点まで

デリヘル店の集客を行う際、デリヘル広告に適した広告媒体を知らないままやみくもに風俗広告の制作を依頼してしまい、いまいち集客に繋がらないなど風俗広告の制作方法に悩みを抱える経営者も多いのではないでしょうか。
風俗広告を利用する際には、事前にデリヘル店に適した広告媒体の種類や集客方法について知っておく必要があります。

本記事では、デリヘル店に有効な広告媒体の種類や、風俗広告を制作する上での注意点などについて紹介します。

1.風俗業界でも可能!主な2種類の広告媒体とは?

風俗店が集客目的で広告を制作する場合、利用できる媒体は、大きく分けて「紙媒体」と「WEB媒体」の2種類があります。

紙媒体の主な種類として、風俗の専門誌やスポーツ新聞、週刊誌、フリーペ-パーなどが挙げられます。
WEB媒体では、パソコンやスマートフォンで展開するバナー掲載やリスティング広告、アドネットワーク広告など、さまざまな種類の広告を利用することが可能です。

ただし、どちらにおいても、風俗利用者に対する営業広告として媒体を利用する際には、「アダルト規制」について特に気をつける必要があります。大手の検索サイトや不特定多数が閲覧する一般的なサイトには、風俗を含むアダルト広告が一切禁止されているため、風俗広告を掲載する際は、事前にアダルト規制について調べておくことが大切です。

1-1.デリヘル店の集客に最も有効なのは「Web媒体」

デリヘル店の集客に最も有効な媒体は、Web媒体です。

デリヘルを利用するお客さんは、主にインターネットを使用して、利用したいデリヘル店を探します。また、デリヘルには店舗がないため、雑誌やチラシを探しに行くよりも、身近にあるインターネットを利用してデリヘル店を探すほうが、手間なく簡単にデリヘル店を調べることが可能です。

デリヘル店を利用しようと検討している男性は、思い立ったときに自宅にいながら好みのお店を調べることが多いため、デリヘル店の集客にはWeb媒体を使用した広告が有効であるといえるでしょう。

2.【風俗広告】Web媒体におすすめの集客方法4選

風俗店の広告としてWeb媒体を利用する際には、広告媒体別に適した集客方法があります。
利用するWeb媒体の特徴に合わせて集客される人のタイプも変わってくるため、自分の店に合った風俗広告を制作するための広告媒体を利用することがポイントです。

ここからは、Web媒体を利用してデリヘル店の風俗広告を制作する上で、おすすめの集客方法4選を具体的に紹介します。

2-1.ポータルサイトでバナー広告を掲載する

風俗店が集客をアップさせる際に利用するWeb媒体の中で最も人気があるのは、ポータルサイトでバナー広告を掲載することです。

特にデリヘルなどの無店舗型のお店では、多くの人にお店を認知してもらうことが必要となるため、風俗の総合情報サイトを利用することが適しています。
風俗の総合情報サイトでは、予算をかけた分バナー広告の露出が増えるため、より多くの消費者に閲覧してもらうことが可能です。

ただし、多額の広告費を出してお店の露出を増やしても、デリヘル店を探している男性が風俗の総合情報サイトに掲載しているバナー広告をクリックしなければ、集客は見込めません。
ポータルサイトに載せる画像や装飾にはこだわり、デリヘル店を探している男性が惹きつけられるようなデザインを制作することがコツです。

2-2.SNSで拡散されやすい情報を発信する

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSは、ユーザー同士でのコメントのやり取りや情報共有・拡散することで、集客を見込むことができます。
エリアを問わず、全国を対象にお店の知名度を向上させることに特化した方法ですが、SNSの種類にもよりそれぞれ特性が異なるため、各SNSに適した記事や写真を投稿をすることが大切です。

また、SNSは基本的に無料で始めることができるため、誰でも手軽に始められるWeb媒体といえます。お店のホームページやポータルサイトなど、主力の集客コンテンツのプラスアルファとして、手間を惜しまずSNSで記事や写真の更新を続けていくことで、お店の認知度をアップさせることに繋がるでしょう。

2-3.コンテンツを用いたブログ記事を投稿する

最近では、コンテンツを用いたブログ記事を書いて投稿する方法も、集客に人気のあるWeb媒体です。店舗のブログを活用することで、地域周辺のお店を検索をするお客さんを獲得できる可能性が高くなります。

ブログは、自分で簡単に始めることができます。無料で作成できるブログサービスの種類も豊富なため、アクセス解析やセキュリティ対策がされているブログを活用することがポイントです。

ただし、店舗のブログを読んでもらうためには、ブログ記事を検索結果の上位に表示させることが重要です。デリヘル店の利用に繋げるためにも、SEO対策やアクセス解析の設置、読みやすい記事の構成・文章力などが必要となります。

ブログ記事の更新は、外注に依頼することもできるため、お店のスタッフや店長の業務に負担をかけることなくブログ記事を更新することも可能です。

2-4.見込み客・新規客を引き上げるメルマガを配信する

見込み客や新規客を引き上げるために、メルマガを配信することも有効です。
メルマガとはメールマガジンの略で、企業やWebサイトを運営している側から、購読を希望した読者の元へ配信されるメールのことです。購読を希望したメルマガ登録者の好きなタイミングで、いつでもメールを読むことができることが特徴です。

メルマガは、不特定に向けて発信する集客方法とは異なり、お店に興味がある人や関心を持っている人など、見込み客や新規客に対して、ピンポイントで配信することができます。
ブログの運営と同様で、簡単にメール配信を始めることが可能なため、1週間に1回配信をするなど、メルマガの配信を日課にすることもおすすめします。

3.風俗広告を打ち出す際に注意しておくべき2つの点

デリヘルは、無店舗型の営業方法となるため、基本的にはWeb媒体を使った広告を利用してお客さんを獲得していく必要があります。ただし、やみくもにネット広告をかけても費用ばかりが膨らみ、思うように集客が伸びない可能性があります。

ここでは、風俗広告を利用して集客に繋げるための2つの注意点を紹介します。

3-1.①資金の中から広告にかける予算を決めておく

風俗広告を制作する際は、あらかじめ広告にかける予算を決めておくことが大切です。
予算を決めずに広告の制作を進めてしまうと、広告費以外の店舗の運営に資金が回らなくなるため、のちのち運営に影響を及ぼす恐れがあります。

風俗広告に使用する金額をあらかじめ設定し、設定した金額の範囲内でやりくりすると、大きな失敗をすることはありません。
また、すでにお店の運営が軌道に乗っている場合は、広告費の予算に多少の増減があっても問題ありませんが、新しくお店を開業する場合は、オープンから数ヶ月は決まった額を広告費としてあてられるよう計画しておくことが大切です。

3-2.②営業・求人広告における誇張表現はしない

Web媒体を利用して集客する際は、営業や求人広告における誇張表現に気を付けて広告を制作することが重要です。

例えば、求人情報の案内に「採用されたら、入店祝い金として30万円がもらえる」と記載したにも関わらず、過酷な条件をクリアしなければ入店祝い金がもらえないといった場合、キャストだけでなくお客さんの信用も失います。

一度失った信用・信頼はなかなか戻りません。また、悪い口コミは、あっという間に広まります。お店のイメージを挽回させるためには、膨大な労力を使うだけでなく、余計なコストがかかってしまいます。営業や求人広告を制作する際は、表現に気を付けて制作することが大切です。

4.風俗広告の制作はどこに依頼するのがベスト?

風俗広告の制作を依頼する際は、風俗やナイトレジャーを専門とした広告代理店を利用することがおすすめです。

風俗広告を制作する際、一般的な広告代理店では専門的な知識や業種についての知見に乏しいため、宣伝効果があまり見込めない場合があります。そのため、効果的な風俗広告を制作するためには、風俗店の実情や需要を把握し、自分のお店に合った宣伝を行うことが大切です。

また、他業界で実績のある広告代理店であっても、デリヘル店の広告ノウハウが備わっているとは限らないため、風俗の知識が備わっている風俗やナイトレジャーに特化した広告代理店を活用しましょう。

まとめ

デリヘル店の集客には、Web媒体を利用した風俗広告がおすすめです。Web媒体の中でも、バナー広告の掲載が、風俗広告として最も人気のある媒体といえます。

風俗店の広告を出すに際は、アダルト規制などの規則に従い注意点をしっかりとおさえた上で、店舗の雰囲気や媒体に合った集客を行うことが大切です。

また、風俗広告を制作する際は、風俗やナイトレジャーを専門とした広告代理店に依頼することをおすすめします。風俗に特化した広告代理店を利用することで、よりお店に添った宣伝を行うことが可能となるでしょう。

arrow