Column

コラム

風俗系集客広告・求人広告の「媒体選び」と「制作のポイント」とは?

集客広告と求人広告の媒体選びと活用方法は、風俗店経営者の多くが頭を抱える課題です。そのため「自社で広告を出したが効果がなかった」「広告代理店は効果があるのか」と悩みや疑問をお持ちの方も多いでしょう。

今回は、風俗系の集客広告・求人広告の「媒体選び」と「広告制作のポイント」をご紹介します。風俗店舗運営に広告を効果的に活用するために、ぜひ参考にしてください。

1.風俗系広告は2つの種類がある

風俗系広告は大きく分けると、狙うターゲットによって「集客広告」と「求人広告」の2種類に分けられます。集継続して風俗店を運営するためには、風俗系広告は欠かすことができない大切なツールです。そのため、風俗店の多くは積極的に広告費用を投じています。

まずは、「集客広告」「求人広告」のターゲットや特徴の違いをご紹介します。

〇集客広告
集客広告は風俗を利用する男性客を呼び込むための広告です。お店の特徴・期間限定の企画など「お店の強み・魅力を伝える」ことで、広告効果が高まります。さらに、競合他店舗の集客広告の動向をチェックして、情報収集と自店舗の広告への取り入れることも有効です。

〇求人広告
求人広告は風俗店で働くキャストを募集するための広告です。風俗業界はキャストの質が店の売上に直結するため、風俗運営において特に重要な役割を担っています。キャストの質は常連客の獲得や店の評判も左右します。店のコンセプトに沿った女性・男性を呼び込めるよう、広告を出す媒体や見せ方に工夫が必要です。

2.【集客広告】媒体選びと制作のポイント

集客広告の媒体は「インターネット媒体」と「紙媒体」に分けられます。広告を載せる媒体を選ぶときは「運営する風俗の種類」「競合店舗の充実度」などを参考に集客に利用する媒体を選択しましょう。一般的に、掲載するお店の種類や競合店の網羅性が高い媒体ほど、集客効果が高くなります。

この章では、集客広告の媒体選びと広告作成のポイントをそれぞれご紹介します。

2-1.ターゲットユーザーにマッチする広告媒体を選ぶ

一口に風俗業といっても店舗型であるヘルスやソープと、無店舗型のデリヘルや出張マッサージなどでは、有効な広告媒体がやや異なります。そのため、経営する風俗店の特徴を押さえたうえで、紙媒体とネット広告を使い分けましょう。

無店舗型のデリヘルの場合、利用者はインターネットからの検索、もしくは風俗情報誌から集客に繋がるため、風俗ポータルサイトなどネット広告の活用が効果的です。対して、店舗型のソープはインターネット広告に加え、店舗周辺の無料案内所にチラシを置いてもらったり、人通りのあるところに広告を出すなど、ネットと現場の両方からのアプローチするのがおすすめです。

2-2.「費用対効果」を計測しながら広告を作る

広告を打つ場合は「どの求人ページが最も集客力があったのか」や「期待通りの効果が出ているか」といった効果測定・費用対効果の確認を行いましょう。調査結果を基に、効果の高い広告媒体に集中的に再度広告を出したり、広告費の比重を変えるといった工夫を行うことで、より多くのユーザーを獲得するチャンスが広がります。

一方で、効果の検証は、集計する長期休暇やボーナス月などの消費が増える時期や天候・競合店舗の増減によって左右される点を考慮する必要があります。加えて、効果測定中にページを更新・変更するといった施策を追加すると、効果が見えづらくなるため、効果測定中は環境を変えないことが肝心です。

3.【求人広告】媒体選びと制作のポイント

求人広告を打つ場合は、キャストとなる若者がターゲットなので「インターネット媒体」が中心となります。しかし、風俗店が求める女性の年・容姿・性格と求職者の正確なマッチングが難しく、求人広告を出す媒体選びや広告制作には経験や知識が求められます。

風俗店が独自に広告媒体から求人を掲載しても効果が発生しにくいケースが多く、費用はかかりますが専門知識を持つ広告代理店に依頼した方が、結果的に費用対効果が高くなる可能性もあります。また、有名な広告サイトだからといった費用対効果が高くなるとは限らないため、求人広告でもと効果測定が重要です。

3-1.「年齢・地域・掲載料・アクセス数」から求人媒体を選ぶ

多くの風俗店は有名な広告媒体の高い広告費を嫌がるために、掲載料金を重視して安価な広告媒体を選んでしまう傾向があります。

しかし、効果的な求人を行うためには、掲載を検討している求人媒体のユーザー動向を含む「年齢・地域・掲載料・アクセス数」を確認し、広告効果が十分に見込めるのか、よく検討する必要があります。

特に広告戦略において、競合風俗店情報の充実度・広告媒体のアクセス数・広告媒体に支払う掲載料金のバランスを意識することが重要です。予算はかかるものの複数の広告媒体に広告掲載を展開することで、認知の機会が増し短期間で集客を増やすことも可能です。

3-2.求める人材と求職者のニーズがマッチする広告を作る

求人広告の効果を十分に出すためには、応募してくるキャスト候補が、求める人材とマッチしている必要があります。また、いざ採用してもすぐにお店を辞められてしまえば、それは求人が成功したとは言えません。そのため、求人広告を作成する場合は、「求職者のニーズ」を詳細に把握したうえで、運営側の求める人材をしっかり提示し、お互いのミスマッチをなくしましょう。

風俗店側のニーズ 求職者側のニーズ
  • ・風俗経験豊富で即戦力のある人がいい
  • ・未経験でも素直に仕事してくれる人がいい
  • ・柔軟に対応できるスキルがある人がいい
  • ・コミュニケーション能力が高い人がいい
  • ・遅刻や無断欠席をしない常識ある人がいい
  • ・勤務時間の融通が利く人がいい
  • ・顧客受けの良い容姿や能力のある人がいい
  • ・いろんなプレイを積極的にしてほしい
  • ・未経験なので丁寧な教育をしてほしい
  • ・バック率が高いお店で働きたい
  • ・交通費無料や送迎付きがいい
  • ・身内や友達にバレたくない
  • ・売上が悪くても罰則なしがいい
  • ・完全歩合制がいい
  • ・時給と歩合制の併用がいい
  • ・プレイの内容を選びたい

仕事をするか否かの最初のアプローチは、求職者側からなので、まずは募集側の風俗店が欲しい人材の条件を明確に提示する必要があります。求職者の多くは高収入にひかれて風俗業界で働いているため、給与形態は特に重視する傾向にあります。求職者がお店選びで重視する情報をしっかり盛り込んだ求人広告の制作が重要です。

4.集客広告・求人広告どちらも重視するなら「広告代理店」に依頼しよう

「集客広告と求人広告どちらも力を入れたい」
「売上アップとキャストの質をさらに向上させたい」

上記のような広告を求めている風俗店の場合は、風俗業界専門の広告代理店に依頼しましょう。風俗業界は活用できる広告媒体が限られるといった特有の難しさがあり、風俗ノウハウや情報に精通した風俗業界専門の広告代理店がおすすめです。
風俗店自身による広告運営は、マンパワーがかかることに加え、集客・求人の専門知識が求められます。広告専門の担当スタッフの確保が難しいなど上手くいかないケースも多いため注意が必要です。

広告代理店は、風俗店側からの依頼内容を基に、効果的な広告制作と広告媒体の選定を行います。売上・キャストの質の向上を効率的に行うには、広告代理店にお店のコンセプトやニーズを詳細に伝えましょう。利用できる広告媒体がインターネット媒体・紙媒体のどちらにも強い広告代理店を選ぶのがポイントです。

一方で、広告はすぐに望んだ成果が出るとは限りません。そのため、広告代理店選びでは、広告掲載後に調査や対策を立てやすい体制がある・何かあったときにすぐに連絡が取れるといった要素も重要となります。大きな集客・求人効果が見込めます。

複数の広告代理店と比較し、アフターフォローが充実した信頼できる業者を選びましょう。

まとめ

今回は、風俗店の「広告媒体選び」と「広告制作」のポイントをまとめてご紹介しました。風俗業界では、広告が売上やキャスト・お店の質に直結するため、広告による集客に大きなウエイトをしめます。店舗がない風俗店も増えているため、お店の顔となるのが広告です。広告戦略が上手くいけば、爆発的に人気が出る可能性もあります。

風俗店の広告媒体選びや制作は専門知識が必要です。専門のスタッフを確保できないのであれば、風俗専門の広告代理店に依頼しましょう。信頼できる広告代理店に依頼し、2人3脚で広告の改善、売上アップを目指してください。

arrow