Column

コラム

風俗店の広告手法におすすめ!ホームページ・ポータルサイトでの集客

風俗店の運営を始めた当初は勢いがあっても、次第に客足が遠のいてしまうことも少なくありません。継続的に売上を伸ばすためには、有効な集客方法を行うことが必須です。

そこで今回は、風俗店の集客に役立つ広告手法をご紹介します。
風俗店の広告効果を最大化するために注意しておきたいポイントや、ユーザーが風俗店選びを躊躇してしまう瞬間についても詳しく解説しているため、風俗店の新規客を増やしたい方はもちろん、集客に伸び悩む風俗店オーナーはぜひ参考にしてください。

1.風俗店の広告手法として特におすすめな2つの集客方法

数ある風俗店の広告手法の中で特におすすめな集客方法は、「ホームページの活用」と「風俗ポータルサイトへの広告掲載」の2つです。
最近では風俗店を探す際にネットを利用するユーザーが多いため、ホームページでお店の特徴やユーザーが知りたい情報をアピールすると良いでしょう。
また、風俗ポータルサイトには風俗店をよく利用する常連ユーザーのアクセスが集まるため、広告を出すことで新規の顧客を呼び込むことも可能です。

しかし、ただ単純にホームページを制作したり、風俗ポータルサイトに店舗情報を掲載するだけでは、集客力の向上に繋がるとは限りません。
風俗の利用を検討している男性が、ホームページやポータルサイトの情報を見てお店に訪れたくなるかどうかが大切です。

2.ホームページ・ポータルサイトへの掲載時に充実させておくべき機能

風俗店を利用したいと考えている男性は、お店選びに失敗しないために、ホームページやポータルサイトに訪れてさまざまな情報をチェックします。
そんなホームページやポータルサイトに、ユーザーの欲しがっている情報が無ければ当然集客は期待できません。

ここからは、インターネットからの集客効果を高めるために、ホームページやポータルサイトで充実させておくべきそれぞれの機能を詳しく解説します。

2-1.料金システム・地図

風俗店の利用を検討しているユーザーは、候補のお店の中から自身の予算と照らし合わせてお店を選ぶ方も多いです。そのため、お店を利用する際の料金システムや、店舗の場所を表示する地図は大切な機能だと言えます。

料金システムは男性が迷いなく確認できるよう、きめ細かく記載することが重要です。オプションの種類や料金、各コースのプレイ時間をはじめ、入会金の有無や指名料についても分かりやすく記載しておきましょう。

また、地図情報は住所やマップ画像を載せるだけでなく、最寄駅の改札からお店までの道順を記載するなどの工夫が有効です。デリヘルなどの無店舗型風俗の場合は、利用できる近隣のホテルも地図に表示することで、ユーザーの利便性はより高まるでしょう。

2-2.キャスト一覧・ランキング

料金や地図に次いで、お店に在籍しているキャストの一覧やランキング情報を充実させることも大切です。

風俗店を利用する男性は、好みのタイプのキャストが居るかどうかを重視します。
男性によって、スリーサイズの情報を気にする方もいれば、タバコを吸うか吸わないか、プレイ可能な内容は何かといった情報を気にする方もいるため、キャストに関するさまざまな情報を掲載することも重要です。
キャスト別に当日や直近1週間程の出勤予定も分かりやすく記載することも必須です。

さらに、キャストのランキングが掲載されていれば、女の子選びの基準が分かりやすくなるため、新規客の利用も増加するでしょう。

2-3.ブログもしくは写メ日記

お店により、店舗オーナーがブログを更新しているところもありますが、最も効果的な方法はキャストのブログや写メ日記です。

キャストが発信する情報を通じて、性格やキャラクターがより伝わりやすくなることがブログや写メ日記のメリットで、お店だけでなくキャストの営業ツールとしても活躍します。

これらの機能が無ければ、男性客にアプローチすることができないほか、「本当にキャストが存在するかわからない」という疑問を抱かれてしまう場合もあります。そのため、必須の機能であると言っても過言ではありません。

2-4.Web限定割引クーポン

Web限定割引クーポンがあると、風俗店選びに迷っているユーザーの背中を後押しすることができます。さらに期間限定の割引キャンペーンなどの場合、クーポンの有効期間内に利用しようと考えるユーザーが増えるため、非常におすすめです。

しかし、クーポンというと「一度お店を利用しなければ貰うことができない」と思ってしまう男性客も少なくありません。そのため、ホームページやポータルサイトではクーポンを目立つ位置に表示すると良いでしょう。

3.ユーザーが風俗店選びを躊躇してしまう瞬間とは?

ホームページの集客効果を高めるため、ターゲット客に合わせてサイトを制作することが重要です。しかし不十分な点があると、せっかくホームページやポータルサイトに訪れてくれたユーザーでも、すぐに離脱してしまう恐れがあります。

ここからは、ホームページやポータルサイトまで訪れたユーザーがお店の利用をやめた、または躊躇した瞬間を詳しく解説します。ホームページを持ち、ポータルサイトに店舗ホームページを掲載している店舗オーナーは、必見です。

3-1.キャストのプロフィール情報が少なすぎる

在籍キャストのプロフィール情報が少なすぎる場合、ユーザーはどの女の子を選べばよいか判断に迷ってしまいます。
ホームページやポータルサイトからキャストのプロフィールページまで閲覧するユーザーは、なるべくキャスト選びに失敗したくないという心理があるため、不安を解消させるためにもプロフィール情報をより細かに記載する必要があります。

例えば名前と年齢、バストサイズの情報しか記載されていなかった場合、ユーザー心理としては「Eカップと書いてあっても、太っているかもしれない」などと考え、躊躇してしまいます。バストサイズとともに、ウエストやヒップの情報も掲載することが大切です。

また、それだけではありません。得意なプレイ内容やNGオプション、さらに受け身であるかどうかなど、キャストの性格に関することも記載しておくと良いでしょう。どれだけ顔やスタイルが好みでも、キャストと男性の性格が合わなければ楽しむことができません。
男性が心の底からキャストを良いと思ってお店を利用してもらえるよう、このようにさまざまな工夫を凝らすことが大切です。

3-2.料金システムが不明瞭

風俗店には激安店・大衆店・高級店などさまざまなランクやジャンルで分けられており、それぞれ料金体系も大きく異なります。そのため、料金システムをきちんと記載しておく必要があります。
特にデリヘルやホテヘルなど、利用料金とは別にホテル代や出張費用も必要となるお店や、3P・4Pといった特殊なコースを提供しているお店の場合、費用をきちんと明確にすることは非常に重要です。しかし、料金システムをきちんと記載しておらず、男性客を混乱させてしまうお店も少なくありません。

男性客が希望するサービスがあったとしても、料金システムが不明瞭なお店では、合計でいくら支払う必要があるかわからないことから、男性客はお店を利用する気が起こらないでしょう。
細かな料金システムを記載して、支払いに関する不明点をクリアにすることが重要です。

3-3.お店の場所が分かりにくい

不明瞭な料金システムに次いで、お店の場所が分かりにくいこともユーザーが利用を躊躇してしまう原因の1つです。特に駅から離れたエリアの場合、地図を見てどこに向かうべきかをしっかりイメージできなければ、お店を利用する気が起こりません。

いざ予約をしたとしても、当日場所に迷ってしまい約束の時間に間に合わないと判断された場合は、直前でキャンセルになってしまう可能性もあります。
そのため、ホームページやポータルサイトでは「〇番出口から改札を出て右方向に進む」「〇〇交差点を右に曲がる」など、より詳しい地図情報を記載することが大切です。

4.風俗店の広告は「専門のプロ」に任せることも一つの手

風俗業界では広告手法が限られていることから、一般的な業種と比較してさまざまな工夫を凝らす必要があります。また、広告媒体の表現に関する規制も多いことから、初めて風俗店の集客を行う際は、学ぶことも多いでしょう。

風俗店の広告効果を高めたい場合は、広告運用を代理店に任せる方法もあります。
風俗業界の広告を専門的に扱うプロに運用を依頼することで、時間や手間を最小限に抑えながら、予算内で集客を効果的に向上させることができます。
また風俗専門の広告代理店であれば、単なるポータルサイトへの掲載だけでなく、プロフィール写真の撮影や、風俗店のホームページならではの機能もすべてお任せすることができます。

今回ご紹介した内容を踏まえて成果を最大化したい店舗オーナーは、ぜひ風俗専門の広告代理店への依頼を検討してみてください。

まとめ

ここまでご紹介したように、風俗店の集客にはホームページや風俗系ポータルサイトに充分な情報を掲載することが有効です。風俗店を探しているユーザーの心理状態を踏まえ、スムーズにお店に訪れてもらえるようにさまざまな工夫を凝らしましょう。

また、アダルト業界の広告集客やWebマーケティング、自然検索からのアクセスアップに詳しいプロに任せることも一つの手です。広告規制や集客ノウハウに詳しい広告代理店を利用して遠のいてしまった客足を取り戻し、売上アップを目指してください。

arrow