Column

コラム

風俗店の主な広告手法4選|費用相場からメリット・デメリットまで

どんな事業においても、運営している店舗の認知度や集客力を向上させることは大切です。
風俗店の認知度を上げる方法の1つとして、「広告掲載」が挙げられます。ただ、さまざまな理由により、「風俗店の集客は困難だ」と言われていることはご存知でしょうか?

また、自身が運営している風俗店の広告は、どういったものがが適切であるかわからないという方や、そもそもどのような広告手法があるか分からないという方もいるはずです。

そこで今回は、風俗店の集客が困難だと言われている理由から、おすすめの広告手法・広告を打つ際のポイントまで詳しくご紹介します。風俗店の集客にお困りの方は必見です。

1.なぜ風俗店の集客は困難と言われているのか?

飲食店や美容室など一般的なお店を運営している場合、もし「集客をしなければならない」となった際、あなたはどのような手段をとるでしょうか?
チラシのポスティングやWeb広告・リスティング広告など、さまざまな選択肢があるでしょう。

しかし、風俗店は一般的なお店のように幅広い選択肢の中から集客方法を選ぶことができません。
特に、近年ではスマホユーザーが増えたことから、Web広告は最も効果的な集客方法であるとも言われていますが、風俗店はWeb広告やリスティング広告を打ち出すことができないのです。

その理由は、「検索エンジンの広告規約」が大きく関係します。

広告はユーザーの嗜好を尊重し、法規制に準拠したものである必要があります。そのため、Google では広告やリンク先に特定の種類のアダルト コンテンツを使用することを認めておりません。一部の成人向け広告やリンク先は、以下に示すポリシーに準拠し、未成年者を対象から除外することで許可される場合がありますが、ユーザーが入力した検索語句、ユーザーの年齢、広告の掲載地域の法律に基づいて表示が制限されます。
(引用元:Google広告ポリシー ヘルプ/https://support.google.com/adspolicy/answer/6023699?hl=ja

要約すると、風俗店などの求人広告は、成人向けのサイトでのみ表示されることとなっています。
特に世界最大級の検索エンジンであるGoogleは、利用者数も世界的に見て首位であることを踏まえると、この制限は風俗店によるWeb広告の範囲を大きく狭めていると言えるでしょう。

その上、風俗店の広告手法に制限がある検索エンジンはGoogleだけではありません。日本国内でGoogleと並ぶYahoo!JAPANでも、同様の規制がかけられています。

(1) 成人を対象とした性的な商品、サービス
成人を対象とした性的な商品、サービス(アダルトコンテンツ)の広告は掲載できません。
広告からのリンク先サイト内に掲載されている広告や、リンク先サイト内の他のサイトへのリンクにおいても適用されます。

(引用元:Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ/https://support-marketing.yahoo.co.jp/promotionalads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=1527#c01

通常の広告はさまざまな箇所で表示される一方、風俗店の広告は表示されにくいため、大きなハンディキャップを抱えていることが現状だと言えるでしょう。

1-1.風俗店の広告で禁止されているもの

風俗店の集客が難しいと言われている原因は、「検索エンジンの広告規約による制限」だけではありません。
それ以外にも、「風営法」により禁止されている集客方法が存在しています。

<風営法により禁止されている広告・集客方法>
・チラシのポスティング
・折り込みチラシ
・ダイレクトメール
・テレアポ

風俗の広告では基本的に、直接呼び込みを図る手法が禁止されています。

禁止されている行為で集客方法を行ってしまうと、お店の印象が悪くなってしまうだけでなく、最悪の場合営業停止命令が出される可能性もあるため、必ず「風俗店でも可能な広告手法」で集客しましょう。

2.風俗店の宣伝・広告におすすめ!主な4つの集客方法

風俗店の広告手法にはさまざまな制限があるため、「認知度を上げることでさえ難しいのでは」と感じた方も多くいるでしょう。

しかし、風俗店の宣伝広告が完全に制限されているわけではありません。一部の制限があるとしても、風俗店の宣伝を行うことは可能です。
ここからは、風俗店の宣伝・広告におすすめな4つの集客方法についてご紹介します。

2-1.①無料案内所

無料案内所とは、「お客さんに風俗店を紹介してくれる施設」のことで、歓楽街に密着していることが特徴です。
インターネットで風俗店を探すことが苦手な方や、飲みに行った帰りにサクッと風俗で遊びたいという方がよく訪れます。

無料案内所によりお客さんからの評判の良し悪しが存在しているため、依頼する無料案内所は評判やスタッフの対応を見てしっかり選びましょう。

メリット ・利用者数が多い
・Web集客にマッチしない客層に対しても集客が可能
デメリット ・無料案内所を経由した売上の何割かをキックバックする必要がある
・お店により無料案内所に支払う費用が大きく異なる
費用相場 一人当たりの紹介料:3,000~5,000円
1ヶ月の広告料は案内人数や紹介料のバランスなどを考慮した上で決定されるため、費用は大きく異なります。

2-2.②風俗ポータルサイトへの広告掲載

地域別に風俗店をまとめたポータルサイトへの掲載は、多くの風俗店が行っている集客方法でもあります。風俗ポータルサイトへ訪れる客は意欲的なユーザーも多く、広告手法としては効果がしっかりと表れるケースも多いようです。

しかし競合店も多いため、せっかく広告を掲載しても競合店に埋もれてしまう場合があります。
多くのユーザーに見てもらうためには「トップ表示」が好ましいですが、そのためにはある程度の広告費用を割く必要があることに注意しておきましょう。

メリット ・コアユーザーが多いため広告に対する効果が期待できる
デメリット ・競合店が多いため見つけられにくい
・広告出稿に多額の費用がかかる場合もある
費用相場 10~30万円
※掲載サイトにより大きく異なる

2-3.③ホームページ・ブログ

最近では、集客方法としてホームページやブログを活用して、周辺地域の風俗店を探すユーザーを獲得している風俗店も少なくありません。

しかし、広告手法として成功するためには競合店に検索順位で打ち勝たなければなりません。
検索結果の上位に表示されるためにはさまざまな工夫が必要であるうえ、ホームページの作成には多額の費用がかかることを留意しておく必要があります。

メリット ・場合により費用を最小限に抑えて顧客を呼び込む事が可能
・リピーターに対してキャンペーンなどを告知しやすい
デメリット ・実際に効果が現れるまで数ヶ月規模で続ける必要がある
・検索上位になるためのキーワードを考える必要がある
費用相場 10~50万円
※掲載サイトにより大きく異なる

2-4.④SNS

SNSで店舗の情報を発信しながら集客を狙うという方法は、風俗店の広告手法としてもおすすめです。
しかし風俗店は、SNSユーザーでありがちな「情報の共有」においては避けられてしまう傾向にあります。そのため多くの方に拡散してもらうという方法は風俗店の集客方法においては不向きであると言えます。

SNSは基本的に無料で始めることができるため、ホームページやポータルサイト等のメインとなる集客方法のプラスアルファとして活用する風俗店も少なくありません。

メリット ・広い範囲に店舗情報を発信することが可能
・無料で活用できる
デメリット ・ユーザーとコミュニケーションをとる必要がある
・拡散効果は期待しづらい
費用相場 基本的に無料

3.風俗店の集客として広告を打つ際のポイント

風俗店の広告におすすめの手法としてご紹介しましたが、実際には風俗店とひとくちに言っても店舗型や無店舗型、さらにキャバクラなど、さまざまな業種形式があります。
そのため、広告を出したい風俗店とその需要を把握した上で、それぞれに適した宣伝方法を行うことが最も重要です。
最後に、風俗店の集客として広告を打つ際の2つのポイントを説明します。

3-1.運営する風俗店に適した手法を選ぶ

歓楽街に店舗を構えている店舗型風俗の場合は、地域に密着した「無料案内所」での集客がおすすめです。
無料案内所を利用する方は「今すぐ近くの風俗店を利用したい」という方が多いことが特徴です。店舗に呼び込む必要がある実店舗では、近くにいるお客さんを呼び込むことの出来る無料案内所がぴったりと言えるでしょう。

一方で、店舗に訪れる必要のない無店舗型の風俗店の場合は、風俗ポータルサイトやホームページを通じてお店を探すユーザーも多いため、インターネットでの集客がおすすめです。

このように、それぞれの「営業業態」や「店舗の場所」により、最適な集客方法は異なります。自身の運営している風俗店には、どの集客方法が最も効果的であるかをきちんと考えた上で、最適な集客方法を行いましょう。

3-2.費用対効果を明確にする

集客のための宣伝・広告に、表立った行動はとれない風俗店。風営法や広告の規約に違反せず、可能な限りさまざまな方法でお店の宣伝をすることが大切です。
しかし、風俗ポータルサイトへの掲載やホームページの作成など、どのような集客方法を行うにしても当然、費用は発生してしまいます。
そのため費用対効果を明確にしておかなければ、売上を伸ばすはずが、赤字を生み出すこととなってしまうかもしれません。

理想的な費用対効果は「集客・広告費用÷集客人数=売上の30%未満」とされています。

例えば、10万円の広告で20人を集客できた場合、費用対効果は一人あたり5千円となります。
しかし、平均客単価が1万円だった場合、事実上の売上は10万円です。
総売上の20万円の50%にまで達しているのであれば、広告の費用対効果は非常に悪いものだといえるでしょう。

風俗店舗の運営や人件費などを考えると、広告に総売上の30%以上を割くことで赤字経営に繋がりやすいと言われています。
広告の費用対効果をきちんとチェックし、総売上の30%程度に広告費用を抑えられるよう心掛けましょう。

まとめ

風俗店は、一般的なビジネスに比べて「集客」の自由度が狭まっていることが特徴ですが、検索エンジンの規約や風営法をきちんと守ることは、風俗店を運営する上で大前提であると言えます。

さらに、店舗の特徴に適した集客方法を行わなければ、思うような集客の効果が得られないことも考えられます。だからこそ、風俗店の宣伝方法は前もって知識を蓄えておく必要があると言えるでしょう。
ここまでの内容を参考に、ぜひ運営している風俗店に最適な広告手法を選んでください。

arrow