Column

コラム

風俗広告代理店の選び方|費用対効果の高い代理店を見極めるポイント

幅広い方に自社サービスや商品を宣伝できる広告。しかし、商品が「女の子」となる風俗店は、一般的な広告代理店に依頼することができません。
そのため、「風俗店の広告を出したい」という時には、まず風俗媒体を扱う広告代理店を探すところから始まります。

しかし現在では風俗専門の広告代理店がたくさんあるため、どこに依頼すると良いのかわかりにくいという方も少なくありません。
そこで今回は、風俗店はどのような広告代理店と契約すると良いのか知りたいという方に向けて、風俗広告代理店の選び方を詳しくご紹介します。

1.風俗店が掲載可能な広告の種類

風俗の広告を出す媒体には、「紙」「Web」の2つがあります。

また、広告の中にも以下2つの種類に分けられます。

①風俗利用者に対する「営業広告」
②風俗店での仕事を探している女の子、もしくは風俗店での内勤スタッフ・ドライバー・幹部といった仕事を探している男性を対象にした「求人広告」

①では、お客様が受けたいサービスや料金がわかりやすい広告であること、②ではどれだけ収入が得られるかがわかりやすい広告であることが重要です。

そして、風俗広告の掲載にあたり最も気を付けておかなければならない点が、「アダルト規制」です。
大手の検索サイトでは風俗を含むアダルト広告が一切禁止されている上、多くの方が訪れる一般的なサイトにも掲載することができません。

2.風俗広告代理店の選び方|4つのチェック項目

広告代理店にはそれぞれ特徴があります。
成果の出る広告を掲載したいのであれば、広告代理店の特徴と自身の出したい広告の条件が合う代理店を見つけることが重要です。

ここからは、風俗広告代理店を選ぶ際にチェックしておきたい4つの項目をそれぞれご紹介します。

2-1.得意分野

風俗媒体を扱う広告代理店はそれぞれ、得意分野が異なります。

【例】
・Web広告に強い
・雑誌広告に強い
・新聞広告に強い
・SEOに強い
・ターゲット分析力が高い
・集客に効果的なWebサイト制作にも対応する
・専属カメラマンが常駐している

このように、風俗広告代理店にはWeb広告や雑誌広告だけでなく、Webサイト制作や女性の撮影まで行うところがあります。

【広告を掲載する=売り上げが上がるというわけではありません。お店のWebサイトに訪れてくれる方が増えても、Webサイトの構造や女性の写真の質が悪ければ、実際にお店を利用してくれる方は増えないでしょう。
そのため、まずは自社サイトに足りない部分をしっかり把握してから、自社サイトに足りない部分に強みを持った風俗広告代理店をピックアップすることが大切です。

2-2.制作能力・サービス内容

広告代理店には、制作能力が必ずと言って良いほど重要です。
広告のデザインや品質が悪ければ、たとえ広告が目に入ったとしても「詳しく見てみよう」という気持ちにはなりません。
そのため、実際にどのような広告を制作していたかの実績を確認しておきましょう。

また、Web集客においてSEO対策が重要とされている現在、「SEO対策の実績」のみで宣伝する広告代理店もいますが、「SEO対策の実績」と「宣伝広告の実績」は比例しません。
あくまでもSEO対策はセールスポイントの一つであると考え、SEO対策以外にもどのようなサービスでどれほどの効果があったのかをチェックすることが大切です。

2-3.回答スピードの速さ・誠実対応

風俗媒体を専門に扱う広告代理店も最近では増加していますが、提供しているサービス内容や料金プランなどはそれぞれの代理店によって異なります。
不安な点のない状態で広告の掲載を依頼するためには、代理店に対して細かく質問するケースもあるでしょう。
この際の回答スピードや誠実さは、今後の付き合いを判断できる非常に大切なポイントです。

広告代理店と契約する際は、基本的に「初期費用」が必要となります。多額の費用を支払った後に、回答スピードや対応の悪さが原因で契約を後悔してしまう、というケースも少なくありません。
回答スピードや対応の質においては、契約前に判断できるポイントであるため、しっかり確認しておくようにしましょう。

2-4.アフターサービス

実際に広告代理店と契約した後に、丁寧なアフターサービスがある代理店は、より安心して依頼できるでしょう。

広告は「掲載して終わり」ではなく、掲載後にどのような効果が出ているかが最も重要です。
そのため、広告掲載後も運用状況を定期的に報告している代理店は、クライアントサイトとしっかり向き合ってくれていると言えます。
また、たとえ成果が出なかった場合でも次の方法を提案してくれる広告代理店は、多くの実績を誇っているでしょう。

広告代理店と実際に契約してみなければ、アフターサービスの質の良さを簡単に判断することができません。しかし、本当にアフターサービスが丁寧な広告代理店は、口コミや評価が非常に高い傾向にあります。
ある程度ピックアップした広告代理店の中から、アフターサービスの丁寧さに関する評判をチェックすることをおすすめします。

3.風俗広告代理店との契約から広告掲載までの流れ

風俗広告代理店を選ぶ際のチェックポイントを理解できても、実際に広告を掲載するまでの流れを事前に把握できていなければ、スムーズに契約することは難しいでしょう。

風俗広告代理店と契約から広告が掲載するまでの一般的な流れは以下の通りです。

上記の流れの中で、最も重要となるポイントが「ヒヤリング」です。
ヒヤリングでは、営業担当者からどのエリア・どの媒体・どのような内容で広告を出したいか質問されます。また広告掲載に必要な費用や代行手数料についても相談することができ、予算に合わせた効果的な広告内容を提案してくれます。

ヒヤリングで不安な点を持ちながら契約を進めると、想像もしていなかった広告が掲載されたり、予算を大幅に超えた料金を請求されてしまう可能性があります。
また、解約をしたくても「契約期間中の解約」としてさらに違約金が発生してしまう、ということも実際にあるケースです。

そのためヒヤリングでは、サービス内容や料金プランだけでなく、契約期間や途中で契約解除した場合に違約金が発生するかどうかなどをきちんと確認しておきましょう。

4.費用対効果の高い風俗広告代理店を見極めるポイント

一般的な広告とは違い、風俗の広告は特殊と言える部分がいくつかあります。
そのため、優良な広告代理店を選ぶ際も、風俗媒体においては少し視点を変えておかなければなりません。

最後に、費用対効果の高い優良な風俗広告代理店を見極めるポイントを2つご紹介します。

4-1.アダルト業界・風俗業界の知識が豊富にあるか

風俗の市場規模は毎年成長しており、2014年度の風俗施設・サービス市場は3兆5,775億円にも及んでいます。
この数字はIT業界やテレビ業界、ゲーム業界、ホームセンター業界、ビール業界などと同じ規模の大きさです。

今後も成長し続けていくことが予想されるアダルト・風俗業界では、ただ店舗を新しくオープンするだけでは注目を集めることができず、目標としていた売上に届かない可能性が高いと言えます。

そのため、積極的に売上に繋がる集客を行う必要がありますが、風俗業界はその他の業界とは違い広告規制が存在します。
18歳以上が見ることができないよう、一般的な雑誌やWebなどに掲載することができません。

風俗広告で成果を出すためには、アダルト業界全般の莫大な市場規模、そして紙やWeb媒体におけるアダルト広告の規制についてしっかり理解している広告代理店を選ぶ必要があります。

4-2.コンセプトや目的に沿ったターゲット設定・広告掲載を行ってくれるか

風俗店とひとことに言っても、店舗型風俗店や無店舗型風俗という営業方法があり、その中にも「素人専門店」や「熟女専門店」など、それぞれコンセプトや特徴があります。
数ある風俗広告の中から自社サイトに訪れてもらうためには、「コンセプトが明確に伝わる広告」を掲載しなければなりません。

そのため、風俗店のコンセプトや目的に沿ったターゲットを設定し、集客に効果的な広告を掲載してくれる広告代理店を選ぶことが大切です。
しかし代理店に依頼する側も、契約前のヒヤリングの段階で、依頼しても良い代理店なのかをきちんと見極めなければならないことを覚えておきましょう。

まとめ

風俗の広告を出す際はまず、自社サイトの状態をチェックした上で、広告代理店が持つそれぞれの特徴から、最適な代理店を選ぶ必要があります。

また、風俗広告は一般の広告と違いさまざまな規制があるため、風俗広告に関する知識を持った風俗専門の広告代理店を探すことも重要です。

ここまでご紹介した「風俗広告代理店の選び方」を参考に、ぜひ自身に適した風俗広告代理店を選んでください。

arrow