Column

コラム

メンズエステの集客で悩んでいる方必見!効果的な集客方法4選を紹介

近年美容業界では競争が激しさを増しており、メンズエステの店舗も着々と増えています。
競合他店に埋もれてしまったり、競争の波にのまれないためにも、顧客となりそうな消費者層に宣伝して、いかに集客していくかを考えなければなりません。

特にメンズエステは若い消費者層へのアピールが重要となります。そして、若い消費者層へのアピールでキーポイントとなる方法が、WebサイトやSNSによる認知度アップです。

そこで今回は、メンズエステで集客するための戦略や効果的な方法を解説します。

1.メンズエステで集客できない理由とは?

お店の売り上げを上げるためには、お客さんの来店数を増やす必要があります。そのためメンズエステの経営者にとって、集客は常に悩みの種でしょう。

集客できないメンズエステでは、よく以下のような特徴が見られます。

  • ・他店と比較して特化したサービスがない
  • ・ブログやホームページでSEO施策を行っていない
  • ・ブログの更新を怠っている

現在、メンズエステの店舗が増えて競争が激しくなっており、他店と同じようなサービスばかりでは集客が難しい状況です。そこで、現代ではフリーペーパーや風俗雑誌よりもWeb媒体による宣伝の重要性が増しています。

ブログやホームページを作成する際にはSEO施策を行うことが重要です。SEO施策とは検索サイトによる検索で上位に表示されるよう、検索エンジンの最適化を行う取り組みを指します。

さらに作成したブログは定期的に更新することが大切です。ブログの更新を怠ると、検索結果に表示される順位が下がるだけでなく、閲覧したユーザーの印象が悪くなる恐れがあります。

そこでまずは、ブログ作成やSEO施策での集客を目的とする際に重要となる、「ターゲットの明確化」について解説します。

1-1.集客するなら「ターゲットの明確化」が重要

メンズエステのWebサイトに見込み客を集めるためには、「ターゲットの明確化」を考える必要があります。なぜ、ターゲットを明確に設定すると、お店にとって理想のお客さんを集められるのでしょうか。

それはメンズエステを受けたいと思うお客さんが、満足できるサービスを受けたいと思う欲求を持っているためです。ユーザーが求めるサービスは個人によって異なります。自分にとって最高だと思えるお店を探すユーザーのために、お店側もお客さんを選ぶ必要があります。

ターゲットの明確化においては、まずペルソナと呼ばれる対象とするお客さんのイメージを設定する必要があります。ペルソナの設定項目としては以下のような内容があげられます。

  • ①性別
  • ②年齢
  • ③住所
  • ④職業
  • ⑤職場
  • ⑥年収
  • ⑦家族構成
  • ⑧趣味
  • ⑨性格

ペルソナ設定においては、できるだけお客さんの情報を細かく設定することが重要です。
詳細なペルソナを設定することで、お客さんの要望などがよりイメージしやすくなり、その要望などに対してどのようなサービスを提供すれば良いのか、ということを改めて考える下地にもなります。

2.メンズエステの集客に効果的な方法4選

メンズエステの集客には、「新規集客」と「リピート集客」の2種類があり、それぞれ有効な戦略が異なります。

「新規集客」では、メディアを通じた情報の拡散を意識します。そこで重要なポイントは、お店の知名度を上げることです。チラシ配りやポスティング、ホームページの開設等、まずお客さんに存在を知ってもらうことを心がけましょう。

「リピート集客」では、一度来店したお客さんをリピーターにすることを意識します。例えば施術後にアンケートを実施すると、お客さんが満足したサービスと不満点が把握できます。そして、その内容を接客やサービスの改善へ活かしていくことが重要です。

ただし、風俗系のメンズエステの集客では注意すべきポイントが存在します。それは、お客さんがメンズエステを利用したことを、家族や恋人に秘密にしている場合です。そういった時には秘密にしていることがバレないように、お礼状の送付やSNSによるメッセージの送信には細心の注意を払いましょう。

さらに、Web媒体や雑誌による実際の宣伝を行うにあたり、効果的に集客するためのポイントを、具体的な例をあげながら解説します。

2-1.ランキングサイトに登録してお店の認知度を高める

ブログやホームページを作成したら、まずメンズエステのランキングサイトに登録しましょう。ランキングサイトを利用するメリットとしては、以下のような理由があげられます。

  • ・日本人はランキングを好むため
  • ・訪れるユーザーが増えるため
  • ・迷っているお客さんの背中を押すため

日本人はインターネットで店舗を検索する際、ランキングを非常に好みます。メンズエステのランキングサイトは複数存在するため、できる限り全てに登録しておきましょう。

メンズエステのWebサイトは、ランキングサイトからの流入が多く期待できるため、開業してから間もない時期でも、ユーザー数の増加が期待できます。
さらにメンズエステでは、訪問自体を迷うお客さんも多数います。ランキングサイト検索による動機付けができると、お客さんが店舗を訪れるきっかけを作ることにも繋がります。

2-2.美容系ポータルサイトに登録してお店の信頼度を上げる

風俗店のなかでもメンズエステは、美容系のポータルサイトに登録しやすいという特徴があります。美容系のポータルサイトに登録することで、お店の信頼度がアップし集客に大きな効果をもたらします。

また、ポータルサイトは特に新規顧客の集客に適しています。その理由は、ポータルサイトによる予約システムを利用できる点です。

初めて利用するお客さんが、直接店舗へ電話することは非常に勇気が必要な行為となります。しかしポータルサイトへの予約であれば、安心感があり気軽に行えるため、さらなる集客が見込めます。

2-3.SNSでお店のお得な情報を定期的に発信する

最近のメンズエステの集客において、特に重要な戦略がSNSによる宣伝です。LINE・Facebook・Twitterなど、各SNSのアカウントは必ず開設しましょう。

SNSによる宣伝や広告の利用は、主に以下のメリットがあげられます。

  • ・店舗のお得な情報や写真等を簡単に発信できる
  • ・若い世代(20~30代)の集客に向いている
  • ・無料で始められるサービスが数多くある
  • ・写真を見るとお店の雰囲気が掴みやすい

特にこれらのメリットは、SNSをよく利用する若い世代への効果が著しく大きいでしょう。SNSは、情報収集能力に長けた警戒心が強いユーザーへ対してアプローチしやすいという特徴があります。

2-4.掲載日を指定できる雑誌にお店の情報を掲載する

メンズエステの売り上げを上げるためには、回転率の向上が重要です。そこで、掲載日を指定できる宣伝媒体が効果を発揮します。掲載日を指定できる宣伝媒体としては、新聞や風俗誌への広告があげられます。

新聞広告は発行部数が多く、特に中高年に向けた宣伝に力を発揮します。また、メディアとしての歴史が長く信頼性が高いため、お客さんの不安を取り除く効果が期待できます。
風俗誌は、既に風俗に興味を持っているユーザーが対象となるため、費用対効果が高く、売り上げに直結する強みがあります。

3.風俗に特化した広告を制作するなら「広告代理店」がおすすめ!

広告やホームページを作成するWebサイト制作会社は数多くあります。それらのなかでも、特に風俗系のメンズエステ広告を制作する際は、風俗業界に特化した広告代理店を利用することをおすすめします。

広告代理店とは、広告作成やSEO施策等の業務を行う会社を指します。広告代理店のなかにも、扱う媒体の違いや得意とする業種により様々な種類があります。

広告代理店へ広告の制作を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • ・集客に有効なキーワードやコンテンツを設定してもらえる
  • ・検索エンジンに上位表示されるノウハウを提供してもらえる
  • ・集客効果に関するレポートを定期的に作成してもらえる

雑誌やWeb、SNS等、宣伝手段が多様化するなか、その全てを自社で担当することは非常に困難です。広告代理店は広告作成の手段のノウハウを熟知しているため、宣伝業務を委託することで業務の効率化を図れます。

また、広告代理店は広告のクリック数や検索エンジンの表示順位等、集客効果のレポートを作成してくれます。レポートにより宣伝の費用対効果を簡単に把握できます。

メンズエステ経営では、お客さんの要望を把握して施術メニューの充実や技術面向上を図ることが大切です。そのような本来の業務に集中するためにも、広告代理店の利用を検討することをおすすめします。

まとめ

美容業界は年々競争が激しさを増しています。そのような状況のなか、以前と同じように集客が見込めない店舗が増えていることも事実です。そこで、サロンオーナーは競合他店と差別化した店舗経営を実施する必要があります。

メンズエステの集客においては、Web広告やブログの開設といった現代の時代に合った宣伝方法を駆使することが重要となります。

集客に悩んでいるメンズエステ経営者の方は、ぜひ今回の記事を参考にして、SNSを活用したり、宣伝業務を広告代理店に依頼するなどして、収益を延ばしましょう。

arrow