Column

コラム

デリヘルの売上UPには広告代理店選びが重要!噂の風俗SEOとは?

無店舗営業であるデリヘルは、広告代理店選びで店の売上は大きく左右されます。デリヘル経営者や起業を考えている方は、風俗業に強い広告代理店を見つけて、事業を軌道に乗せるきっかけを掴んでください。

さらに、風俗SEOと呼ばれるWebサイトの構築とサーチエンジン最適化(SEO)の効果を活用できれば、お店の認知度・評判・売上を上げることが可能です。

今回は、こうした無店舗営業のデリヘルを支える広告の重要性と広告代理店の選び方、Webサイトを活用する風俗SEOについて、まとめて解説します。

1.無店舗営業の「デリヘル」だからこそ広告が重要!

無店舗営業であるデリヘルは、実店舗がないため、広告がお店の顔となります。集客も求人も、その大半を広告で行うため、お店の質や売上は広告にかかっているといっても過言ではありません。

広告方法には、紙媒体とネット媒体があります。風俗業界では長年紙媒体が中心でしたが、インターネットの普及とデリヘルなど無店舗型の風俗店が増えたことから、ネット媒体が集客・求人の中心となっています。そのため、特に無店舗営業のデリヘルでは、ネット広告を強化する必要があります。

ネット広告は種類も豊富ですが、検索エンジンのリスティング広告・純広告は18禁コンテンツの広告が出せないことになっています。その他の広告でも検閲が厳しいため、思った通りの広告が打てないケースも多いものです。

さらに、世界最大手の検索エンジン・Googleでは、風俗広告だけでなく風俗系のWebサイト自体も検索結果から除外するフィルタリング機能が装備されており、ネット上での集客・求人も容易ではありません。

上記のような問題をクリアするために、広告の出稿やWebサイト運営は風俗系の知識が豊富な広告代理店に依頼することを検討してみましょう。

2.デリヘル経営の売上を上げる広告代理店の見極めポイント

広告代理店に依頼する場合は、「優良な広告代理店」選びを慎重に行う必要があります。無店舗型のデリヘルの集客・求人の要であるネット広告やWebサイト運営が不得意な業者も存在するため、風俗業界やWebマーケティングに精通している広告代理店を選びましょう。

しかし、数ある広告代理店の中から、マッチする業者をピンポイントで見つけることは容易ではありません。そこで、広告・Webサイトの費用対効果を上げられる広告代理店を見つけ、売上アップが実現できる「優良な広告代理店」の見極め方をご紹介します。

2-1.コンバージョンを達成できるWebサイトを作れるのか

広告代理店は、「コンバージョン達成の実績」を確認して、希望に沿った広告やWebサイトと制作・運営を行ってくれるのかを判断しましょう。

「コンバージョン」とはWebマーケティングにおける「成果」を表す用語で、広告やWebサイトを使って何を達成したいのかによって変化します。例えば、デリヘルのWebサイト運営であれば、女の子のデリバリー依頼がコンバージョンです。デリヘル求人広告であれば、デリヘル運営者側の求める人材と応募者がマッチしているのか・何人入店したのか・そもそも応募があるのか、などがコンバージョンとなります。

ネット広告やサイト運営が得意な広告代理店では、上記のようなコンバージョン達成の実績があります。問い合わせを行う際は、具体的にどのような成果を上げて来たのか確認しましょう。

2-2.アフターフォローの内容を具体的に提示してくれるのか

広告代理店が、広告を打った後や施策を行った後に、「効果を正確にフィードバックしているか」も見極めるポイントです。

特に、広告やWebマーケティングの分野では、効果測定でも近況やデータを読み解く専門知識と経験が必要となるため、プロである広告代理店からの具体的なフィードバックは欠かせません。そこから、施策前と比較して、効果や成果を確認して、今後の対応方法・進め方を相談・決定する必要があります。

広告代理店に見積もりやサービス内容の説明を受ける際は、効果測定は行うのか・計測データ共有されるのか・効果が出ていなかったらどう対応するのかについて確認しましょう。

2-3.さまざまな媒体で広告が打てるのか

広告代理店がどのような媒体で広告が打てるのか、「サービスのバリエーション」についても確認を行いましょう。

デリヘルを含めた風俗業界が他業種と大きく異なるのが、自由に広告を打つことができない点です。大手メディアの多くが風俗の広告を掲載できないため、風俗系ランキングサイトなど専用サイトで集客する必要があります。

ただし、こうした専用サイトは訪問者のニーズが偏っていたり利用者数の増減も激しく、安定した広告効果を得られない可能性があります。そのため、WebサイトやSNSのほか、雑誌やチラシなどさまざまな媒体への広告掲載を検討しなければなりません。

デリヘルには法的に広告が掲載できないケースも多いため、風俗系広告掲載した実績から、活用できる媒体のバリエーションをチェックしましょう。

3.デリヘル店は「風俗SEO」でも売上アップが見込める

デリヘルはインターネットからの集客が大半であるため、Webサイトが店舗の代わりをします。Webサイトの運営は、実店舗の運営と同様に独自の経営テクニックがあります。それが、Webマーケティングの施策の1つ「SEO対策」です。ネット上でのコンバージョン達成を目標に、さまざまな施策を行います。

風俗系以外のWebサイトでも用いられる手法ですが、風俗業界は独自の規制も多いため「風俗SEO」を取り入れるのがおすすめです。風俗SEOは、実店舗がないデリヘルにおいて店舗改装と同様の役割を担います。

売上アップにつながる「風俗SEO」の詳細と施策を行うメリットについて解説します。

3-1.風俗SEOとは

SEO対策をデリヘルなどの風俗業で活用したものが「風俗SEO」です。風俗業では検索エンジンの有料広告であるリスティング広告が使えないため、Webサイトの作り込みが特に重要なポイントとなります。

具体的には、以下のような施策を行う必要があります。

  • ・検索エンジンでデリヘル系キーワードの上位表示化
  • ・サイトの使いやすさやデリヘル嬢オーダーのしやすさなどのユーザビリティの向上
  • ・お客さんやデリヘル嬢の求職者に対するお悩み解決や情報提供のコンテンツ追加
  • ・他サイトからの被リンク数やSNS上でのいいね数の増強

検索エンジンの評価基準に合うよう施策を行うことで、より多くのユーザーの目に触れ、集客や求職者からの応募が増加します。ただし、検索エンジンの評価基準は定期的に更新されるため、SEO施策には終わりがありません。

3-2.デリヘル経営でSEO対策を行うメリット

デリヘル経営においてSEO対策を重視する理由は、「目立つ場所でお店を開店できる」ことにあります。実店舗を持たないデリヘルでは、Webサイトや広告が店舗代わりであるため、検索結果で上位表示されれば、人通りの多い好立地でお店を開店しているのと同様の効果が得られます。

また、検索結果で上位表示されていたり、SNSで拡散されていたりすると、「人気があるお店」というステータスも得ることができるため、新規顧客の獲得にも有効です。

4.売上アップを目指すならSEO施策も行える広告代理店がおすすめ

ネットによる集客・求人が主流となっている現在では、デリヘルの売上アップを目指す上で広告とSEO施策は欠かせない存在です。

そのため、広告代理店を選ぶ際は、紙媒体からネット媒体どちらにも精通している会社を選ぶことで、多角的なアプローチを行うことができます。風俗SEOを織り込んだWebサイトは競合他社のサイトに比べ上位表示されやすく、ユーザーの流入が期待できます。

また、広告とSEO施策はどちらも1度きりの掲載や施策で効果が出るものではありません。広告の宣伝効果やSEO効果を測定し随時バージョンアップしていくことが重要です。広告代理店にこうした施策を任せることで、デリヘル側はキャストの教育や新たなキャンペーンの準備にリソースを割くことができます。

SEO対策は年々難しくなっており、オーガニック検索(広告枠を含まない検索結果)で上位表示を継続するのは専門業者でも難しくなっています。検索エンジンは、クリック数やサイト訪問時間の長さ・キーワードとの一致度、ユーザビリティなど膨大な要素で各サイトを評価しており、その評価方法の詳細は明らかにされていません。さらに過度のSEO対策は、上位表示できないばかりか、評価の対象から外れるなどペナルティも存在します。

売上アップを目指したいデリヘル経営者は、サービスの種類とSEO施策に強みを持つ広告代理店の力を借り、認知度アップと集客効果を最大限高めていきましょう。

まとめ

今回は、デリヘルにおける広告の重要性と、広告代理店選びの方法を中心に紹介しました。現在はネット広告・Webサイトからの集客・求人が主流であるため「風俗SEO」も欠かせない要素となっています。

SEO対策は常にシステムが導入されるため、Webマーケティングに強みを持つ広告代理店を活用するのがおすすめです。当記事を参考に、デリヘル経営に合った広告代理店を探してみましょう。

arrow