Column

コラム

風俗店経営におすすめの「集客力を付ける」マーケティング方法とは

風俗店経営者にとって「集客力を付ける」ことは、激しい風俗業界の競争を勝ち抜くために大切です。

集客力を付けるために活用できる方法として「マーケティング」があります。顧客に求められるものを分析し、顧客の購買意欲を自社に向けてもらう方法です。
経営する風俗店に合ったマーケティングを行えば、多くのお客さんを集められるようになります。

当記事では、風俗店経営のために最適なマーケティング方法についてご紹介します。

1.風俗店経営におけるマーケティングとは?

ビジネスを行う際有効な手法となる「マーケティング」は風俗店を経営していくうえでも効果を発揮します。

マーケティングは漠然とした理解で不明瞭な目的のまま行っても、的外れな方策を行ってしまい効果が出ません。
正しい知識を頭に入れ、マーケティングを行う意味を理解することが重要です。

まずはマーケティングの定義とその重要性・風俗店経営においてマーケティングを行う目的を説明します。

1-1.マーケティングの定義と重要性

マーケティングとは、要約すると「ビジネスをするうえで顧客のニーズを知り、ニーズに沿った商品・サービスを最適な形で提供するための活動」のことです。

市場の中で生き残っていくためには、他社の競合製品・サービスとの差別化をはかる必要があります。

マーケティングの具体的な方法としては「顧客は何を求めているのか」「既存の商品にはないがニーズのあるものは何か」「どのようなプロモーションをすればより多くの人に知ってもらえるか」をリサーチします。その結果に基づいて商品やサービスの開発・販売・宣伝を行うことで成果が出るのです。

1-2.マーケティング目的は「集客力のある店舗作り」

風俗店におけるマーケティングを行う目的は、「集客力のある店舗作り」です。

風俗店の場合、商品とは女性キャスト(風俗嬢)のことです。
「キャストのレベルが高ければお客さんは集まって来る」と思っている経営者も少なくありませんが、どれほどキャストのレベルが高くてもお店に集客力がなければ意味はありません。お客さんが来ない、つまり稼げない店からはキャストも去ってしまうからです。

稼げる店にキャストは集まるため「集客力のあるお店だからレベルの高いキャストが集まる」が正しい考え方です。レベルの高いキャストが集まれば、さらに来客数が増え、店の経営が安定していくのです。

2.マーケティングの概念「4P分析」は風俗店経営にも活かせる

マーケティングを行う際によく用いられる概念として、「4P分析」があります。
4P分析はマーケティングの4大要素と呼ばれる「4P」を利用したものです。

経営を安定させるため、経営者は常に市場動向に注目し、時代に合った戦略を考えていく必要があります。自店の安定した運営方法に適した方法を導くために「4P分析」を活かすことができます。

4P分析の基礎知識と、風俗店経営に4P分析を活用するための具体的な方法を解説します。

2-1.マーケティングに用いられる4P分析とは?

「4P分析」は別名「マーケティングミックス」と呼ばれます。
4Pと呼ばれる4つの要素(視点)から、自身のターゲットとなる市場を分析することで、「課題」「自社の強み」を発見し、利益を出すための施策を考えることができます。
4Pそれぞれの要素について説明します。

①Product「プロダクト:製品」
「Product」では、消費者目線で商品やサービスの企画・開発を行うことが重要です。

指す内容 商品やサービスの品質・機能・デザイン
アフターサービスや保証
ブランドイメージ・コンセプト
分析事項 製品についてお客さんがどのような機能やブランドイメージを持っているのか、どのような商品を求めているのか
②Price「プライス:価格」
「Price」では、価格がどれくらいで販売すれば最も利益が出るのか考えることが重要です。

指す内容 商品・サービスの価格
割引金額・方法
支払方法
分析事項 価格を決める基準を作るため、競合他社の商品・類似サービスの価格調査やコスト調査などを行う
③Place「プレイス:流通」
「Place」では自社の商品・サービスを求めている人の元に、スムーズに届けるための流れを考えることが重要です。

指す内容 流通範囲
配達・輸送方法
場所
分析事項 流通経路や販売場所について、ターゲットとなる顧客層にとって最適な方法は何か
④Promotion「プロモーション:販売促進」
「Promotion」では、企業のwebサイトやニュースサイトに商品・サービスについての記事を掲載したり、雑誌や広告などでPRするなどの方法を選別することが重要です。

指す内容 広告
宣伝・広報活動
分析事項 販売促進認知度を上げ、訴求したい情報を適切に伝える方法は何か

2-2.4P分析を風俗店経営に活用するには

4P分析を風俗店の経営で活用することで、集客力のある店にすることが可能です。4Pを風俗店経営にあてはめた場合の内容について、要素ごとに紹介します。

Products

要素 分析する内容と決定事項
女性キャスト キャストのタイプ(若いのか熟女なのか、ぽっちゃり系なのかロリ系なのかなど)を決める
性的サービス 性的サービス(売りのプレイやオプションでできるサービス)の内容を決める
コンセプト 店のコンセプト(SM系や学園もののコスプレをするなど)を決める
コース コースの設定(時間別の設定・3Pなどの特殊なコースの用意)をする
Price

要素 分析する内容と決定事項
コースごとの料金 60分・90分などの時間ごと、プレイ別のコースごとに料金を設定する
オプション料金 追加オプションの値段は一律にするのかオプションごとに変動させるのか決めて設定する
交通費 派遣型風俗であれば交通費について、実費精算なのか地域ごとの一律料金なのかを決めて設定する
Place

要素 分析する内容と決定事項
店舗を構える場所 立地・最寄駅からのアクセスや他店からの兼ね合いなどを考慮して場所を決定する
店舗HP デリヘルなど無店舗型の風俗店は店舗HPが店舗となるため、デザインやリンクを張るサイトを選ぶ
Promotion

要素 分析する内容と決定事項
WEB媒体 WEB媒体での宣伝方法(WEB広告・自店のHP・ブログ・SNS)のうち適切なものを選んで宣伝を行う
口コミ 良い口コミが広まる方法を検討して実施する

「Products」「Price」「Place」に関してはお店のカラーによって異なるため、画一的な方法はなく、分析結果から自店にあったものを考えていく必要があります。
「Promotion」に関しては、「風俗業界に適した方法」があるため、次項で紹介します。

3.風俗店に適した2つの「Promotion」方法

4P分析の中で、お客さんと店を繋げる役割を果たすのが「Promotion」です。

「Promotion」として風俗店に多く使われている宣伝方法は「WEBでのプロモーション」と「口コミでのプロモーション」です。2つのプロモーション方法について解説します。

3-1.WEBを使ったプロモーション

WEBでのプロモーション方法4つを紹介します。無料で行えるものから費用のかかるものまで様々ですが、上手く組み合わせることで大きな効果を発揮します。

〇自店のHP
ホームページはお店の顔であり、重要な集客ツールです。無店舗型の風俗店であれば「店そのもの」でもあります。情報が不足している・デザインが奇抜で見にくいなどユーザーにとって使いづらいものであれば、HPからの集客は望めません。

自身での作成が難しい場合、風俗業界専門の制作会社などに依頼すると良いでしょう。集客効果が見込めるSEO対策を施してくれるところもあります。

〇ブログ
ブログは店の雰囲気や女性キャストについて詳しく紹介できるツールです。

女性キャストが書く場合は、くだけた文章で絵文字を交えた文章にすると読者に親近感を与えます。経営者や男性スタッフが書く場合は誠実な印象を与える文章にすると読者は店に信頼を覚えます。紹介したい内容や書き手によって書き方を分けると効果的です。

〇SNS
LINEやFacebook・Twitter・Instagramなどのソーシャルメディアを使う方法です。お店のサービスに関する情報や女性キャストの出勤情報、新しく入ったキャストのプロフィールなどを手軽・迅速かつ定期的に発信することが可能です。

SNS上でお店とお客さんのアカウントが繋がると、経営者側はお客さんのユーザーニーズを知ることができます。お客さん側からも、お店のサービスに対して意見・要求をしやすいというメリットがあります。

〇WEB広告
インターネット上に広告を出す手法です。主な方法としては、ASPやリスティング広告が挙げられます。

広告1件に付き費用が発生しますが、ユーザーの関心が高まっている時に広告が表示されるため、効率良くお店のサイトへ導くことが可能です。

3-2.口コミを使ったプロモーション

口コミを使ったプロモーションは、「従業員や経営者が口コミ掲示板に書き込む」のではなく「お客さんや風俗嬢が話す口コミを利用」します。

店の評判や実情は風俗嬢からお客さん、お客さんから風俗嬢、風俗嬢から別の風俗嬢に口コミとして広がっていきます。
口コミは店の経営者ではない第3者同士の会話で広がるため、聞いた側は信頼しやすいという特徴があります。広告と違って費用もかからない点も強みです。

効果的な口コミを広めてもらうためには「風俗嬢やお客さんが好感を持ってもらう対応をする」ことが挙げられます。

〇お客さんへの誠意ある対応をする
お客さんへの誠意ある対応とは下記のような対応です。お客さんに気に入ってもらおうと媚びを売る必要はありません。

  • ・クレームが発生時は真摯に謝罪し、代替え案を提案するなど次に繋がるフォローを行う
  • ・受付時は利用してくれたことに心から感謝する
  • ・お客さんの好みを覚え、好みに合った女性キャストがいれば紹介する

誠意ある対応をするとお客さんは店に好感を持ち、風俗嬢や友人に店の話をしてくれるため、良いうわさが広がります。

〇風俗嬢を丁寧に扱う
風俗嬢との信頼関係を築くため「風俗嬢にセクハラをしない」「頑張りによって正当に評価して待遇を良くする」ことを前提として、さらに下記のようなことを行うと風俗嬢は「楽しく働ける良いお店だ」と店に好感を持ちます。

  • ・「車の乗り降りの時にドア開ける」「雨の日は傘をさしてあげる」など、男性スタッフが風俗嬢をお姫様のように大切に扱う
  • ・「待機所がキレイで快適」「教育制度が優秀」「女の子たちの悩みや相談を聞いてあげる」など働きやすい環境を提供する

お客さん・風俗嬢どちらへの対応でも大切なのは「このお店はキャストの待遇や接客態度が良く、何より繫盛している」と思わせることです。

まとめ

風俗店の経営におけるマーケティング方法の活用方法について説明してきました。

自店の強みや売り出し方を明確にし、従業員・お客さん両方を大切にした上でマーケティングを活用することが、安定した経営を継続するためには必要です。

当記事で紹介したことも参考にしながら、自店の経営にマーケティングを活かしましょう。

arrow