Column

コラム

Web上でできる3種類の風俗広告|店舗の特徴により異なる方法とは

風俗業界における広告は、風営法や条例による規定を遵守しなければなりません。そのため、他の業種よりも広告を行うことが難しいものです。また、インターネットの検索エンジンは広告規約において性的なコンテンツを規制しており、Web上でできる風俗広告の手法も限られています。

しかし、集客力のアップを図るためには、限られた手法のなかで積極的に広告を打ち出すことが不可欠です。そこで今回は、Web上でできる3種類の風俗広告をご紹介します。店舗の特長ごとに最適な広告についても分かりやすく説明するため、風俗広告の出し方に悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

1.【風俗広告】Web上でできる主な3つの集客方法・種類

Web上でできる風俗広告といっても、一般的なサイトへの広告や、リスティング広告を行うことはできません。広告の傾向としては、風俗に関心を持って調べている人を対象に、実施可能な方法で持っているコンテンツをうまく伝えることです。

Web上での風俗広告として可能な方法は、公式ホームページのSEO・MEO対策、ポータルサイトへの掲載、そしてSNSやブログの活用です。それぞれの概要や特徴を見ていきましょう。

1-1.①SEO対策・MEO対策

SEO対策とは、インターネットにおける検索順位で自身の作成したサイトがトップに表示されたり、露出を多くしたりするなど、認知度を上げるための対策のことです。
一方、MEO対策とは、マップエンジン検索最適化とも呼ばれ、主にGoogleマップ上の検索順位において上位を獲るための対策となります。

インターネット上で情報収集することが多い時代において、検索結果の上位に表示させるSEO対策やMEO対策は非常に大切です。もしお店の公式ホームページをメインに集客を行う場合は、こうした対策は必須と言えるでしょう。

SEO対策・MEO対策

メリット
  • ・自前でSEO・MEO対策を行う場合、うまく対策できれば費用を抑えながら多くの集客が見込める
  • ・固定客がつけば、ホームページ上でリピーターなどへのキャンペーンを実施しやすい
デメリット
  • ・実際に効果が出るまでには何ヶ月もかかるうえに、上位表示を保つためには常に試行と検証をくり返す必要がある(上位表示されるための検索キーワード設定や、ホームページのコンテンツの充実など)

1-2.②ポータルサイト

ポータルサイトとは、インターネットにおける玄関や窓口のようなものです。風俗業界におけるポータルサイトは、地域ごとに風俗関係の店舗をまとめた情報サイトのことを指します。

ポータルサイトにアクセスするユーザーは風俗への関心が高く、中には最初から風俗へ行きたいという意欲を持っている人も少なくありません。そのため、ポータルサイト内の宣伝で目立つことができれば大きな効果が期待できるでしょう。

ポータルサイト

メリット
  • ・ポータルサイトを利用する人は風俗への関心が高いため、集客に直結しやすい
デメリット
  • ・ライバル店も多く掲載されており、目立つためにはキャッチコピーの作り方や訪れる人のニーズにどう対応するかといった工夫が必要
  • ・ポータルサイト内でのトップ表示のように、サイト上で特別な措置をしてもらうためには費用が高くつくこともある

1-3.③SNS・ブログ

不特定多数の人が利用しているSNSやブログを活用することも、集客方法としては効果的です。SNSであれば基本的にアカウントの作成が無料、ブログの場合も無料もしくは少額の費用で、それぞれ始めることができます。

SNSはリアルタイムな話題も出しやすいことが特徴で、「今伝えたいこと」をすぐに伝えることができます。そしてブログは、ユーザーにとって有益な情報を資産として残すことが可能です。

SNSとブログの活用方法のひとつとして、つながったユーザー同士でのコミュニケーションを円滑に行うことができれば、風俗への敷居や距離感を無くすことも期待できます。
また、ユーザー個人の意見が直接聞けることも見逃せないポイントです。しかし、一般的にはアダルトコンテンツを隠したがるユーザーも多いため、SNSの機能である情報拡散を期待することが難しい点には注意しましょう。

SNS・ブログ

メリット
  • ・広範囲に情報を発信できる
  • ・無料もしくは少額で始められる
  • ・使い方によってはユーザーとの距離が縮められる
デメリット
  • ・SNSの最大の利点である情報の拡散がされにくい
  • ・つながりを持ったユーザーとはある程度接点を保ち、コミュニケーションをとり続ける必要がある

2.店舗・Webサイトの特徴により最適な風俗広告の種類は異なる?

風俗業界で可能なWeb広告は、それぞれ異なる特徴やメリット・デメリットを持っています。そのため、店舗やWebサイトごとに、最適な風俗広告を選択することが大切です。

もちろん、広告がヒットするかどうかを予測することは難しいため、必ずしも選択したWeb広告が功を奏すとは限りません。しかし、店舗の特徴や目を引きたい相手をイメージし、広告の目的を定めることができれば、広告方法は自ずと限られてくるでしょう。

店舗の形態と、Webサイトの組み合わせから、最適であると考えられる風俗広告は次のとおりです。

ポータルサイト

Webサイトの種類 店舗の形態 最適な風俗広告
営業用サイト 店舗型風俗 ポータルサイト
無店舗型風俗 ポータルサイト/SEO・MEO対策
求人用サイト 店舗型風俗 ポータルサイト/SNS・ブログ
無店舗型風俗 ポータルサイト/SNS・ブログ

ここからは、それぞれの組み合わせについて順番にご紹介します。

2-1.「営業用サイト×店舗型風俗」の場合

店舗型風俗として営業用サイトを利用するならば、ポータルサイトの運用が良いでしょう。

店舗型風俗では、店舗の場所を知ってもらい、客に直接来てもらう必要があります。一方、特に行きつけのお店がない人が店舗型風俗を探そうとする場合、自分が行ける地域にどのような店舗があるのかを探そうとするでしょう。

ポータルサイトは地域ごとに風俗の情報をまとめているため、サービスの場所が固定される店舗型風俗には欠かせないWeb広告であると言えます。

2-2.「営業用サイト×無店舗型風俗」の場合

無店舗型風俗として営業用サイトを利用する場合は、ポータルサイトの他に、お店の公式ホームページのSEO・MEO対策を活用すると良いでしょう。

無店舗型風俗では、派遣可能な範囲はお店によりそれぞれ限られています。したがって、店舗型風俗と同様に、地域ごとに風俗の情報をまとめたポータルサイトを活用することが有効です。

また、実際の店舗を持たない無店舗型風俗にとって、公式ホームページは店の顔そのものと言えます。ホームページを目立たせるためには、「風俗+〇〇(地域名)」もしくは「〇〇(地域名)+風俗にまつわる何らかのキーワード」で検索をかけた際の検索結果で、上位に表示されることが大切です。
したがって、SEOやMEO対策をしっかりと行い、ウェブサイトの内容を充実させるようにしましょう。

2-3.「求人用サイト×店舗型風俗」の場合

店舗型風俗で求人用サイトを使う場合は、ポータルサイトの他に、SNSやブログを活用すると良いでしょう。

ポータルサイトには、求人用のものもあります。一般的な求人サイトと同じように、勤務エリアやジャンルから検索が可能です。勤務エリアごとに求人検索ができるポータルサイトの利便性は高く、利用ユーザーの割合もかなり大きいと考えられます。

特に風俗経験者の場合は、以前の勤務先と比べて儲かっているかどうかも気になるでしょう。もちろん、ポータルサイトに掲載されているお店のすべてが儲かっているとは限りません。しかし掲載料金もそれなりにかかるため、掲載されているお店は広告に割くだけの資金力があると考えられます。

また、風俗の未経験者であれば、風俗業界に対する不安や心配も多いのではないでしょうか。SNSやブログは、お店のプライベートな話題提供にも利用しやすいツールです。
そのため、働いてみたいと感じている人の不安を和らげる効果も期待できます。このように、広く募集をかけるためにSNSを利用することもひとつの方法です。

2-4.「求人用サイト×無店舗型風俗」の場合

無店舗型風俗で求人用サイトを使用する場合も、ポータルサイトやSNS・ブログを活用すると良いでしょう。

無店舗型風俗の場合も、通勤できる地域が限定されることに変わりはありません。また、個室待機できるかどうかも考慮すると、勤務場所の選定がより重要となります。そのため、店舗型風俗と同様に、ポータルサイトでの募集が大きな役割を果たすと言えるでしょう。

また無店舗型風俗は、店舗型風俗のようにスタッフが常に近くにいる中で働くわけではないため、不安に思う方も多いでしょう。安心して気持ちよく働ける環境が整っているかどうかを知ってもらうためにも、SNSやブログでアプローチを行い、できる限り不安を取り除くことが大切です。

3.【結論】ポータルサイトへの掲載はどれも重要!

店舗の形態や、営業・求人の別に関係なく、風俗広告を行う場合は大手媒体であるポータルサイトが非常に重要です。

大手ポータルサイトであれば、風俗のサービスを利用したい人、求人を探している人、双方からのアクセスが集中します。そのため、ポータルサイト上の掲載位置を調整して目立つようにするだけでも、効果が期待できるでしょう。

また、単体での運用が難しいSNSやブログであっても、ポータルサイトで注目を集めることができれば、アクセス数の増加を見込むことも可能です。

3-1.風俗広告を掲載するポータルサイトはどう選ぶ?

風俗広告をポータルサイトへ掲載するときは、風俗や風俗広告に関しての知識が豊富な「風俗広告代理店」であるかを確認するようにしましょう。
風俗広告ではいくつもの制限があるからこそ、その制限の範囲内で効果的な掲載を行う必要があります。そのため、風俗や風俗広告に関する制限を熟知した広告代理店への依頼は、最も有効な手段と言えるでしょう。

中でも、アフターサービスにも定評のある風俗広告代理店はおすすめです。ポータルサイトからお店の紹介ページへのアクセス数や、実際に集客につながったアクセスを細かく知ることができれば、今後の経営戦略も立てやすくなります。

風俗広告における広告の理想的な費用対効果は、次のとおりです。

集客・広告にかかる費用÷集客人数=売上げの30パーセント未満

こうした状況を把握できるようにするためにも、アフターサービスとして集客分析まで行ってくれる風俗広告代理店が望ましいと言えます。
以上の内容を踏まえたうえで候補を絞り込み、対応の良さや予算も考慮して判断しましょう。

まとめ

一般的な媒体への広告制限が多い風俗業界において、最も効果的な宣伝方法は「ポータルサイトへの掲載」です。さらに、SEO・MEO対策やSNS・ブログなどさまざまな方法を行うことで、これまでよりもお店の露出をアップさせることが可能となるでしょう。

もちろん、広告を出した後は、集客効果が出ているかを絶えず検証することが大切です。トライアンドエラーをくり返しながら、来店率がアップするための最適な広告方法を探してみてください。Web集客が初めてで不安に思う方は、まず風俗広告代理店に相談してみると良いでしょう。

arrow